老健 夜勤 看護師

老健の夜勤看護師

老健って良く聞くワードですよね。

 

正式には老人保健施設といいますが、入所されているのは、医療行為を必要とせず介護保険の認定を受けている方などです。

 

この施設の看護師の仕事内容としては、入所されているのが医療行為を必要としない方なので、介護分野が主な仕事になります。

 

勿論、内服の管理、バイタルサインのチェック等の健康管理、皮膚トラブルの有無の観察や必要時の軟膏塗布、食事の介助など看護師にしかできない内容の業務もあります。

 

しかし、看護師の人数は一般の病棟に比べると圧倒的に少なく、ケアワーカーさんなどの介護系の方がとても多いです。

 

なので、夜勤となると、一病棟に看護師1人プラス介護士2人などで勤務することになると思います。

 

老健では、看護師も介護士と同じような業務を行う必要があるんですね。

 

例えば、食事介助、おむつ交換や寝衣交換体位交換などです。夜勤は主に、これらの業務を行うことになるでしょう。

 

そして、老健では、ほとんどの施設が2交代制の勤務だと思います。夕方16時頃から翌朝の9時頃が一般的でしょうか。

 

老健などの施設は最近、数はとても増えてきていますが、スタッフが足りず、激務になっている所も多いようです。

 

私たちには、施設の状況は分かりませんから、働いてみたらこんなはずじゃなかった・・なんて事にならないように勤務の状況や、職場の福利厚生などを私たちに変わって調べてくれる会社に登録してみるのも1つの手ですよね。

 

給料やシフト面での交渉もしてくれるのでとても助かると思います。