夜勤常勤

夜勤常勤とは?

夜勤常勤と言う勤務形態があるのをご存じでしょうか。日勤常勤とは日勤だけの勤務でも常勤扱いしてくれる、つまり基本給がしっかりともらえる勤務形態の事ですね。

 

夜勤常勤とは同じく夜勤だけの勤務を専門に行う常勤者ですから、基本給や有給等は他の常勤者と同じで、夜勤手当を沢山頂けるという魅力的な勤務態勢なのです。

 

私は以前、一般病院の病棟で夜勤常勤をしていましたが、基本給プラス夜勤1回に月3万5千円の手当を貰っていましたので、かなりゆとりのある生活を送れていました。

 

私が夜勤常勤になったきっかけは、子どもがまだ小さく、日勤ばかりだと日中子どもと接する時間がほとんどないという状況を何とかしたくて始めたのです。

 

夜勤常勤の場合、夜勤回数に上限を持たせている病院が多いようですが、私の病院は夜勤の上限は9回でした。

 

1勤務が2日間勤務と換算されますから、9回で18日分の労働。

 

後の日数は有給等を組み合わせて休日を取るという形なので休日はとても多かったです。

 

上限のない病院では9回以上の夜勤で夜勤手当以外に3万円程の手当が付いたりと病院によって待遇は様々です。

 

各病院によって勤務の状況等は全くことなりますし、一般病院と老健等の施設では労働量や残業時間等も異なります。

 

最近では、求人や転職系の会社も沢山ありますし、給料面や休日、福利厚生面の交渉や、職場の人間関係などを代わりに調べてくれたりのサポートを無料で受けられます。

 

このような会社に登録してみるのも一つの手かもしれませんね。