救急外来 夜勤専従

救急外来の夜勤専従

私は中規模の個人病院で救急外来の夜勤専従バイトをしています。

 

主に脳外科と整形外科を扱う病院なので、結構夜間も救急車が来ます。

 

多い時には1勤務で8台の救急車が来ました。

 

2次救急病院なので、基本的には緊急手術が必要な程の重症者は来ないのですが、緊急入院で治療をされる方が多いので、救急外来での処置は大変です。

 

夜間帯は16時30分から勤務です。

 

救急外来の場合は病棟とは違い、情報収集や点滴の準備などがないので、勤務ギリギリに来る方が多いです。

 

夜勤の日は、10時頃まで寝て、朝はゆっくりと過ごします。

 

主人が子供達を保育園に送迎してくれるので、皆が出かけた後は自分のペースで、その日の夕食や翌日の朝食を作り、家事を大体済ませてしまいます。

 

午前中はゆっくりと過ごしますが、出勤までの時間は有効に使います。

 

夜間帯は救急車の台数によって忙しさがまるで違うので何とも言えませんが、休憩や仮眠の時間は取れます。

 

記録なども少ないので残業もなく、朝は9時に勤務が終わります。

 

夜勤明けの日は、朝方少し眠いのですが、家に帰る頃には目も覚めて自分の時間にしたり、子供達が帰ってくるまでに家事をしたり、少し仮眠をとったりして過ごします。

 

救急外来は何科を主に扱うのか?何次救急なのか?スタッフの数は足りているのか?などで忙しさや業務内容はまるで違います。

 

忙しい病院だと仮眠も休憩も取れないと良く聞きます。

 

事前に職場の様子をしっかりと調べると、失敗のない転職をする事が出来ますよ。